2019年1月17日木曜日

松永くんから回ってきました新4年生の淡川和希です。


時が経つのは早いもので大学から始めたラグビーも今年でいよいよ最後の年になります。

1,2年生の頃はA戦はおろか、B戦でも出場機会が少なくラグビーの楽しさをあまり感じることが出来ませんでした。来年も同じような感じだろうなと思って迎えた3年生、偶然が重なりたくさん試合に出させてもらえました。実力不足や消極的なプレーでチームにたくさんの迷惑をかけてしまいましたが、意外と通用する部分もあることが分かりラグビーって面白いな、もっといろんなプレーをしたいなと思いました。

しかし、チームの目標であった阪大戦や入替戦、東大戦のどれにも出場する事ができませんでした。勝利の瞬間、外から見ていることしか出来ず、悔しさがこみ上げてきました。1,2年生の頃であれば抱く事のなかった感情だったと思います。


迎える最後の1年、勝利の瞬間をフィールド内で迎えるためにしっかり体を作り、1年間戦い抜きたいと思います。

次は倉内将樹くんに回します。

2019年1月14日月曜日

FWリーダーの井上から紹介されました新四年の松永です。ポジションはPR,LOです。ラグビーなんかやるものかと思いながら大学に入学し、かっこいい先輩たちに囲まれ、ラグビー部に入部することになりました。基本的に消極的な性格の僕ですが、はっきりとした意思を持って決めたのはこれが初めてだったかもしれません。それだけ当時の僕には先輩方がかっこよく見えました。実際このラグビー部で出会った先輩方は選手としても人間としても尊敬できる先輩ばかりで、どんなに辛い練習を前にしても入ったことを後悔することはありませんでした。そしていよいよ最高学年。いままで見上げて来た先輩方と同じ立場になってみて、大きな心境の変化はまだありませんが、徐々に緊張感が増して行きしっかりしなければと言う意識が出来て来ているのを感じます。1年の自分に恥じない自分であるためにも、シンプルに「絶対に負けたくない」と思う自分の心に報いるためにも今年一年、ラグビーに全力を尽くしたいと思います。
応援よろしくお願いします。


次は、内に秘めたる熱い気持ちが同期内で1番強いのではないかと僕が密かに思っている淡川くんに回したいと思います。

2019年1月9日水曜日

こんにちは。今年FWリーダーを務める井上です。隆盛君とは昨年同じ悔しい思いをしたので二人で主将副将を支えられるように頑張っていきたいと思います。

さて、ブログを書いているちょうど今帰省をしていて高校の時通うのに乗っていた電車に乗っているので昔の話を少ししたいと思います。
ラグビーを始めたのはちょうど7年前の春、高校に入学した時でした。私は滋賀県の出身で、県内では一番の進学校と言われている膳所高校に合格しました。その時は勉強を頑張っていい大学に入ろうなどと考えていたんでしょう。気がついたら毎日勉強なんか一切せずラグビーばかりしていました。宿題なんか友達のノートを写す始末でした。毎日考えられないぐらいきつい練習をして倒さなければいけない相手よりもきついぐらいの練習をしている自信はありました。しかし花園はそんなに甘くないです。最後の年の花園予選、毎年負けていた相手にまた準決勝で負けてしまいました。同期が涙する中私はあまり泣けませんでした。それはこれだけやったのに勝てないのかと思えるほど死ぬ気で練習しきれてなかったからです。もっと練習できたなと思える自分が情けなかったからです。後から思い返すと三年生になった時ぐらいから練習にも慣れきついメニューをやってるはずなのに前ほどきついと思わなくなっていました。それは強くなって体力がついたというよりは楽な方法を見つけ練習をこなしていただけだったからです。そんなんでは勝てるはずもありません。
大学生になって練習に毎日怖い監督がいるわけではありません。全力でやってないからと言ってきつく怒ってくれる先輩も少ないです。高校よりもこなしてしまいがちな大学です。そこでこなしてしまうとまた高校の時と同じです。チームを引っ張っていく立場となった今年、チーム全員が毎日全力出し切れるようなチームにしていけたらなと思います。私達の代に足りない後輩を怒る能力もしっかりつけていかないといけません。
学生の本分は勉強ですが、プロにならない限りスポーツに全力出し切れるのは一生で今年が最後です。勉強は大人になってもできますが、スポーツで同期と汗を流せるのはこの先ありません。今年ぐらい、一生で最後の年ぐらい多少勉強が…でもスポーツを頑張ればいいのではないかと思います。自分のスポーツ人生悔いのないように強く楽しい一年にしたいと思います。
応援のほどよろしくお願いします。

次は私と同じでラグビーへの思いをあまり語らない松永に回したいと思います。

2019年1月6日日曜日

明けましておめでとうございます。
副将の加甲から回ってきましたBKリーダーの齋藤隆成です。

僕は今年でラグビー人生7年目になりますが、今思い返してみても僕個人として勝ちを味わったことが少なかったと思います。
高校3年間でも本気で準備して臨み、格上の相手に勝てた試合というのは12試合でした。大学に入ってからも12年の間は大事な試合でいつもベンチに座っていてフィールドに立つことはなく、自分にとって挑戦の年となるはずだった3年でもフィールドに立つことが出来ず、勝利の瞬間を外から眺めていることしかできませんでした。僕はこの3年間、自分の全力で名大の勝利に貢献したとは言い切れず、どこかやりきれない思いに悔しさを感じていました。このようななんとも言えない思いを抱えたまま最後の年を終えたくはありません。ラグビー人生の大きな区切りになるであろう大学での最終年で自分のやるべきことをやり尽くしたと胸を張って言えること、そしてリーグ昇格というチームとして大きな勝利を手にすることが僕のラグビー人生と名大ラグビー部における使命だと思います。
そのためにまずは今の名大ラグビー部を見直し、不安要素を消していかなくてはいけません。代替わりに伴ってBKは昨年度よりも大きく戦力が失われました。ポジションの経験が浅かったり、大学からラグビーを始めたメンバーも多くまだまだ未熟です。また、メンバーが大きく変わったので新たなメンバーでも連携をとれるように練習を積み重ねていかなければなりません。去年と状況が大きく変わり、やる事は本当に沢山あるのですが、まずはこの問題に対して時間をかけて取り組み、そこから着々と今年の名大ラグビー部の力をつけて行きます。
そして、今年度の最終試合のノーサイドの笛が鳴った瞬間に胸を張っていられるように、11日を過ごして行きたいと思います。


次はFWリーダーの井上駿に回します。

2019年1月4日金曜日

今年度副将を務めます、加甲起也です。

  きっとこれからブログを書く新4年生はほぼ全員同じ事を言うのでしょうが、本当に時が経つのは早いもので大学ラグビー生活最後の一年になりました。
  小中高と色々なスポーツを経験してきましたが、こんなにも長く続けたスポーツはラグビーだけです。それだけこのスポーツには魅力があるのかなと思います。
 
  入学した時は大学でラグビーをやるなんてほとんど考えてはいなかったのですが、名大ラグビー部に入ったことを後悔したことはありません。最高の同期に恵まれ、頼りになる先輩方、後輩にも恵まれ、名大ラグビー部で得た経験は今までにないくらい自分を成長させてくれました。
   特に昨年は数年ぶりの定期戦全勝、入れ替え戦進出と勝ちにこだわるという信念を見事に体現した一年となり、今までの自分のラグビー生活中で最高に楽しく、一番成長できた年だったのかなと思います。やはり勝負は勝てないと面白くありませんし、勝てないと次の1歩に繋がりません。それを実感した一年でした。

   今年度もその勝ちにこだわるという信念を大切にして過ごしていきたいと思っています。
   今年はリーグ昇格を大きな目標として掲げました。昨年先輩方が何回もミーティングを重ね、試行錯誤して作り上げたあの完成度の高いチームでも成しえなかった大きな目標だと思います。それでも目標として掲げた以上はそこに向かって全力で進んでいくしかありません。練習や求められるプレーもレベルの高いものになると思います。それでもやるしかありません。
   幸いにも、自分のまわりには頼りになる同期と頼もしい後輩がいます。このメンバーなら今年もやりきれると信じています。

   リーグ昇格という大きな目標に向かって進んでいくチームを引っ張るのは正直プレッシャーも感じますが、主将の塩谷と共にこの一年やりきって必ず目標達成させたいと思います。
   応援宜しくお願いします。

次は今年一番頼りにするであろうBKリーダーの齋藤隆成にまわしたいと思います。

2019年1月1日火曜日

明けましておめでとうございます。
2019年度、名古屋大学ラグビー部主将を務めます塩谷健太です。

時が経つのは早いもので、ついに自分も学生ラグビー最後の一年がスタートしました。思い返せば、高校の時からずっとラグビーと共に自分は成長してきたのだと感じます。
身体も小さく、できることは少なかったけどその中でのびのびと楽しくプレーし、ラグビーの魅力にとりつかれていった高校時代。
大学生になり特に迷うこともなくラグビー部に入部、4年間楕円球を追いかけることを決めました。
自分のサイズでは大学ラグビーで通用しないことを痛感し、本気で身体作りに取り組んだ1年生。
試合に出させてもらう機会も多くなり、多少なりとも活躍できるようにはなったけど、ここ一番大事な試合で勝てない、とりわけ自分があまりにも無力であることに悔しさを覚えた2年生。
上級生、そして主務。チームを引っ張っていく立場になり、グラウンド内外でなんとかチームに貢献しようと奔走。念願の定期戦全勝を達成し、勝って流す涙がこんなにも嬉しいものかと実感した3年生。
そして、4年生。
今まで目指してきた、追いかけてきた先輩たちはもういない。今度は自分たちが先頭に立ち、チームを引っ張っていかなければならない。きっと何度も壁にぶち当たり、どっちに進めばいいのか見えなくなる、そんな時もあるかもしれない。
でも不思議と、俺たちなら、この代ならきっとやっていける、そんな自信があります。
この3年間、先輩方から数えきれないほど様々なことを学ばせてもらいました。頼りになる後輩たちもいます。
その全てを活かし最後の一年、全力でやりきります。応援よろしくお願いします。


次は副将の加甲に回したいと思います。

2018年12月15日土曜日

 頼れる副将から回ってきました。主将の小林です。

 これで自分がブログを書くのも最後になります。最初に書いたブログを読みかえし、あの時の入部できた喜びと、4年間全力で頑張ろうという決意を思い出しました。明日は最後の試合ですが、初心に帰って全力プレーで臨みたいと思います。

 思い返すとこの4年間は、苦しいことが多かったです。1年の阪大戦は自分のせいで負けました。悔しくて何度も思い出しました。2年では膝に大怪我をし、プレーできない悔しさを味わいました。そして3年では、無理にでも試合に出てどうやって結果を残していくか、そんなことばかり考えていました。

 以前にもどこかで書いたかもしれませんが、それでも辞めたいと思ったことはありません。それはやはり、このチームに、それだけの魅力があるからだと思います。そしてその魅力とは、沢山の人がこのチームを、自分を、支えてくれているということなのではないかと思っています。

 現役のためになることは何か、考え、実行して頂いているOBの方々。様々な形で応援して下さる家族や関係者の方々。忙しい中、グラウンドに足を運んで頂いて、僕たちを助けて下さる監督コーチ。自分たちを成長させて下さり、またOBや院生になってもチームに貢献して下さっている先輩方。雨の日も猛暑の中でも、練習や試合を支えてくれたスタッフ。どんなにきつい練習をしてもここまでついてきてくれた後輩たち。そして、共にここまで頑張ってきた同期のみんな。

 この一年、チームを率いて、そのことを強く実感しました。全ての人たちに感謝を伝え、また、喜びを分かち合うために、明日の東大戦では必ず結果を残したいと思います。

 チーム一丸で勝ちましょう。